ココアバターの効能

アボカドバターの写真 おススメの肌タイプ
乾燥肌、老化肌に。
おススメの利用方法
リップクリーム、クリーム、乳液、石けん、マッサージオイル

スポンサードリンク

優れた保湿作用に加え、アンチエイジングにも!

植物性バターのなかで、シアバターの次にポピュラーな存在のココアバター。常温では固まっていますが、体温で自然に解け、肌への浸透力は高いです。

ココアバターの特徴は、保湿作用に優れているところです。その為、乾燥した肌をしっとりと保湿するのに有効です。その作用は高く、乾燥しやすい唇のリップクリームの原料として利用されているほどです。

また、エモリエント作用(肌を柔らかくする作用)もあり、肌をやわらかくしてくれる働きもあります。これらの作用により、肌に潤いと柔軟性をもたらす効果が期待できます。

そのほかにも、皮膚の代謝を高める働きをする「パルミチン酸」が豊富に含まれているため、肌を若返らせるアンチエイジング効果も期待できます。

酸化しにくい性質の為、長期保存が可能な植物性バターです。

ココアバターには、精製品と未精製品があります。未精製品は栄養成分が豊富ですが、独特の香りがあります。精油を希釈した際に、精油の香りを楽しみたい場合は、精製したものがオススメです。

注意事項

  • ココアにアレルギー反応がある方は、使用を避けましょう。

データ

学名 Theobroma cacao
別名 テオブローマ
科名 アオギリ科
主産地 中南米、インド、アメリカ、スリランカ、etc...
抽出部位 種子
抽出方法 高温・低温圧搾法
未精製はクリーム色、精製は白色。
香り 未精製はチョコレートのような甘い香り。精製はほとんど無臭。
保存期間 冷暗所に保管し、開封前の状態で2~3年、開封後は1年を目処に。

スポンサードリンク

人気ランキング

  1. ホホバ油

    ホホバオイルの写真

    すべての肌質に

    スキンケア、ヘアケアに。日焼けやニキビなどの炎症した肌に。乾燥肌、老化肌に。

  2. スイートアーモンド油

    スイートアーモンドオイルの写真

    すべての肌質に

    敏感肌の方や赤ちゃんへの肌の保湿に。手作り化粧品の材料に。

  3. アプリコットカーネル油

    アプリコットカーネルオイル(杏仁油)の写真

    すべての肌質に

    肌を軟化し、しなやかさやハリを保ち、荒れた肌を再生する働きをもち、フェイシャルトリートメントやフェイシャルマッサージに最適

  4. グレープシード油

    敏感肌、乾燥肌、脂性肌に。

    特に、体の広範囲のトリートメントに向いています。

  5. ローズヒップ油

    乾燥肌、老化肌、アレルギー肌に。

    肌にハリと潤いを与えて、シワの予防、シミや老化肌の改善、美白効果など、アンチエイジングの美容オイルとして人気があります。

ページの先頭へ