アルニカオイルの効能

アルニカオイルの写真 おススメの肌タイプ
すべての肌質に。
おススメの利用方法
マッサージに。

スポンサードリンク

筋肉疲労、肩こり、腰痛、関節痛に有効!

ヨーロッパの高原に生息する植物「アルニカ」の花を、オリーブ油やヒマワリ油などの植物油に漬け込んで作られたオイルが、アルニカオイル。

ヨーロッパでは古くから、打ち身や捻挫(ねんざ)の腫れの回復に利用されてきました。また、怪我や事故などの精神的ショックにも有効と言われています。

アルニカオイルでマッサージすると、筋肉疲労、肩こり、腰痛、関節痛に働きかけると言われており、スポーツ後のマッサージによく利用されています。

以前、サッカー日本代表の長谷部 誠選手が、テレビでアルニカオイルを紹介していたようです。

体の奥のほうでの痛みや炎症には、セントジョンズワートとブレンドして使う例もあります。

注意事項

  • 念のため、敏感肌の方は、パッチテストを行いましょう。

データ

学名 Arnica montana
科名 キク科 アルニカ属 多年草
和名 ウサギギク
抽出部位
抽出方法 浸出法
主な産地 フランス、ドイツ、etc...
香り ハーブ調のアルニカ独特の香り 香りが強い
浸透力 普通
感触 べたつきのある感触
使用方法 単独で使用可能

スポンサードリンク

人気ランキング

  1. ホホバ油

    ホホバオイルの写真

    すべての肌質に

    スキンケア、ヘアケアに。日焼けやニキビなどの炎症した肌に。乾燥肌、老化肌に。

  2. スイートアーモンド油

    スイートアーモンドオイルの写真

    すべての肌質に

    敏感肌の方や赤ちゃんへの肌の保湿に。手作り化粧品の材料に。

  3. アプリコットカーネル油

    アプリコットカーネルオイル(杏仁油)の写真

    すべての肌質に

    肌を軟化し、しなやかさやハリを保ち、荒れた肌を再生する働きをもち、フェイシャルトリートメントやフェイシャルマッサージに最適

  4. グレープシード油

    敏感肌、乾燥肌、脂性肌に。

    特に、体の広範囲のトリートメントに向いています。

  5. ローズヒップ油

    乾燥肌、老化肌、アレルギー肌に。

    肌にハリと潤いを与えて、シワの予防、シミや老化肌の改善、美白効果など、アンチエイジングの美容オイルとして人気があります。

ページの先頭へ