カスターオイル(ヒマシ油、キャスターオイル)の効能

カスターオイル(ヒマシ油)の写真 おススメの肌タイプ
乾燥肌
おススメの利用方法
湿布や、局所に塗布するオイルとして。粘性が強いため、全身マッサージには不向き。

スポンサードリンク

身体の不調を感じる部分の湿布として

日本では下剤として有名なカスターオイル。

インド、中国、エジプトでも瀉下薬として古くから利用され、また、インドの伝統的な医学「アーユルベーダ」では、腰痛、座骨神経痛、リウマチに利用されてきました。

医療目的以外にも、皮のなめし剤や、グリースのような潤滑油として、また、プラスティックやエナメルなどの製造など、工業利用が多く、食用には利用されておりません。

また、口紅やリップなどの手作り化粧品の原料として人気があります。

様々な効能が期待されているカスターオイルですが、粘性が非常に高く、アロママッサージには不向きです。アロマテラピーでは、身体の不調を感じる部分の湿布としてや、局所に塗布するオイルとして利用されています。

効能としては、免疫力を強化し、体にたまった老廃物や毒素を排出を促す「解毒作用」が注目されています。

注意事項

  • ごくまれにですが、肌質に合わない場合があるため、事前にパッチテストを。
  • 経口による摂取は、吐き気や激しい下痢をおこす場合があるので注意が必要です。

データ

学名 Ricinus communis
科名 トウダイグサ科
和名 ヒマ、トウゴマ
抽出部位 種子
抽出方法 低温圧搾法
主な産地 インド、ロシア、ブラジル、中国、etc...
香り カスターオイル独特な香り
浸透力 低い
感触 かなりの粘性がある
使用方法 他のキャリアオイルとブレンドして使用

スポンサードリンク

人気ランキング

  1. ホホバ油

    ホホバオイルの写真

    すべての肌質に

    スキンケア、ヘアケアに。日焼けやニキビなどの炎症した肌に。乾燥肌、老化肌に。

  2. スイートアーモンド油

    スイートアーモンドオイルの写真

    すべての肌質に

    敏感肌の方や赤ちゃんへの肌の保湿に。手作り化粧品の材料に。

  3. アプリコットカーネル油

    アプリコットカーネルオイル(杏仁油)の写真

    すべての肌質に

    肌を軟化し、しなやかさやハリを保ち、荒れた肌を再生する働きをもち、フェイシャルトリートメントやフェイシャルマッサージに最適

  4. グレープシード油

    敏感肌、乾燥肌、脂性肌に。

    特に、体の広範囲のトリートメントに向いています。

  5. ローズヒップ油

    乾燥肌、老化肌、アレルギー肌に。

    肌にハリと潤いを与えて、シワの予防、シミや老化肌の改善、美白効果など、アンチエイジングの美容オイルとして人気があります。

ページの先頭へ