ヘーゼルナッツオイル(はしばみ油)の効能

ヘーゼルナッツオイル(はしばみ油)の写真 おススメの肌タイプ
老化肌、脂性肌
おススメの利用方法
肌の保湿、荒れた肌の再生、老化防止に。

スポンサードリンク

浸透性に優れており保湿力が高いオイル。肌の再生に♪

非常に浸透性に優れており、粘性はあるが、そこまでべたつかず油っぽくない、サラッとした使い心地の良いオイルです。

保湿力が高く、スキンケアやマッサージによく使われています。

また、荒れた肌の再生作用や、脂性肌の収れん作用もあります。

ヘーゼルナッツの香ばしい香りがかすかにしますが、気になる方は、他のキャリアオイルとブレンドすると良いでしょう。

南米産のヘーゼルナッツ油は、オレイン酸が約40%、パルミトオレイン酸が20~25%ほど含まれており、肌を再生する働きがありますが、現在、日本ではなかなか入手できない状態です。

市場で販売されているヘーゼルナッツ油は、ヨーロッパ産のものが主流で、保湿効果を発揮するオレイン酸が約75%を占めており、美容液などに使われています。

注意事項

  • まれに蕁麻疹(じんましん)などを起こす可能性があるため、敏感肌やアレルギーのある方は注意が必要です。

データ

学名 Corylus avellana
科名 カバノキ科
和名 ハシバミ
抽出部位 種子、果実
抽出方法 低温圧搾法
主な産地 フランス、トルコ、etc...
香り かすかにナッツの香ばしい香り
浸透力 とても優れている
感触 のびやすく、べたつき感が少ない
使用方法 単独で使用可能

スポンサードリンク

人気ランキング

  1. ホホバ油

    ホホバオイルの写真

    すべての肌質に

    スキンケア、ヘアケアに。日焼けやニキビなどの炎症した肌に。乾燥肌、老化肌に。

  2. スイートアーモンド油

    スイートアーモンドオイルの写真

    すべての肌質に

    敏感肌の方や赤ちゃんへの肌の保湿に。手作り化粧品の材料に。

  3. アプリコットカーネル油

    アプリコットカーネルオイル(杏仁油)の写真

    すべての肌質に

    肌を軟化し、しなやかさやハリを保ち、荒れた肌を再生する働きをもち、フェイシャルトリートメントやフェイシャルマッサージに最適

  4. グレープシード油

    敏感肌、乾燥肌、脂性肌に。

    特に、体の広範囲のトリートメントに向いています。

  5. ローズヒップ油

    乾燥肌、老化肌、アレルギー肌に。

    肌にハリと潤いを与えて、シワの予防、シミや老化肌の改善、美白効果など、アンチエイジングの美容オイルとして人気があります。

ページの先頭へ