ヘンプシードオイルの効能

ヘンプシードオイルの写真 おススメの肌タイプ
乾燥肌、老化肌、アレルギー肌に。
おススメの利用方法
粘性が低く、保湿力が高いため、スキンケアやマッサージに利用されています。

スポンサードリンク

栄養価の理想的な条件を満たしている健康的なオイル

ヘンプシードには、人間が健康でいるために食べ物から摂取しなければならない「必須脂肪酸」が、オイルの中で一番多く含まれており、その割合は80%以上も占めています。

さらには必須脂肪酸のなかの、オメガ-6脂肪酸(リノール酸)と、オメガ-3脂肪酸(αリノレン酸)の割合が、世界保健機構や厚生労働省が推奨している「3:1」になっており、栄養価の理想的な条件を満たしています。

アロマテラピーでの効能としては、肌の新陳代謝を活発にし、また、肌の保湿力をアップさせるγ-リノレン酸も含まれており、そして、ビタミンEも豊富なため、老化肌やアレルギー肌の予防・改善に役立ちます。

花や葉が麻薬の製造に使用されていますが、種子から採取されたオイルには、精神に作用するような麻薬成分は含まれていませんので、ご安心ください。

注意事項

  • 参加しやすい為、使用後はしっかりフタを占めましょう。また、開封後は早めの使用を。

データ

学名 Cannabis sativa
科名 クワ科
和名 アサ(麻)、タイマ(大麻)
抽出部位 種子
抽出方法 低温圧搾法
主な産地 アジア、アメリカ、チリ、etc...
香り ヘンプシード独特の香り
浸透力 高い。
感触 粘性は低く、保湿力がある。
使用方法 単独で使用可能

スポンサードリンク

人気ランキング

  1. ホホバ油

    ホホバオイルの写真

    すべての肌質に

    スキンケア、ヘアケアに。日焼けやニキビなどの炎症した肌に。乾燥肌、老化肌に。

  2. スイートアーモンド油

    スイートアーモンドオイルの写真

    すべての肌質に

    敏感肌の方や赤ちゃんへの肌の保湿に。手作り化粧品の材料に。

  3. アプリコットカーネル油

    アプリコットカーネルオイル(杏仁油)の写真

    すべての肌質に

    肌を軟化し、しなやかさやハリを保ち、荒れた肌を再生する働きをもち、フェイシャルトリートメントやフェイシャルマッサージに最適

  4. グレープシード油

    敏感肌、乾燥肌、脂性肌に。

    特に、体の広範囲のトリートメントに向いています。

  5. ローズヒップ油

    乾燥肌、老化肌、アレルギー肌に。

    肌にハリと潤いを与えて、シワの予防、シミや老化肌の改善、美白効果など、アンチエイジングの美容オイルとして人気があります。

ページの先頭へ