オリーブオイルの効能

オリーブオイルの写真 おススメの肌タイプ
乾燥肌、老化肌
おススメの利用方法
老化肌、乾燥肌の保湿、髪や頭皮のケアに。

スポンサードリンク

老化肌や乾燥肌の改善に。

食用をはじめ、様々な用途に用いられているオリーブオイル。

オレイン酸が約70~85%と豊富で、ビタミンA、Eも含まれており、老化肌や乾燥肌の改善、シワやシミの予防に適しています。

また、炎症を緩和する作用があり、虫ザされ後や日焼けなどの皮膚の炎症にも有効です。

ほかにも、筋肉をほぐして痛みや疲労を緩和する作用があります。古代ギリシャの競技者は、試合前後に好んで使ったといいます。

古くからマッサージ用のトリートメントオイルとしてよく使われていますが、香りが強く、粘性が高く重い感じがするため、ほかのキャリアオイルに約20%程度の割合でブレンドすると使いやすくなります。

オリーブオイルには、いくつかのグレードがあり、それぞれ香りや成分が若干異なります。エキストラ・バージン(一番絞り)を選ぶと良いです。

有名なマルセイユ石鹸の主原料は、洗浄力の有るオレイン酸を多く含むオリーブオイルです。

注意事項

  • 人によってはアレルギー反応を起こすことがあるため、使用前は必ずパッチテストを行いましょう。
  • 目に入るとしみるような痛みがあるため、注意しましょう。

データ

学名 Olea europaea
科名 モクセイ科
和名 -
抽出部位 果肉
抽出方法 低温圧搾法
主な産地 スペイン、イタリア、ギリシャ、etc...
香り 熟したオリーブの香り。ほぼ無臭のものもある。
浸透力 普通。
感触 粘性が高く、重い。
使用方法 単独で使用可能

スポンサードリンク

人気ランキング

  1. ホホバ油

    ホホバオイルの写真

    すべての肌質に

    スキンケア、ヘアケアに。日焼けやニキビなどの炎症した肌に。乾燥肌、老化肌に。

  2. スイートアーモンド油

    スイートアーモンドオイルの写真

    すべての肌質に

    敏感肌の方や赤ちゃんへの肌の保湿に。手作り化粧品の材料に。

  3. アプリコットカーネル油

    アプリコットカーネルオイル(杏仁油)の写真

    すべての肌質に

    肌を軟化し、しなやかさやハリを保ち、荒れた肌を再生する働きをもち、フェイシャルトリートメントやフェイシャルマッサージに最適

  4. グレープシード油

    敏感肌、乾燥肌、脂性肌に。

    特に、体の広範囲のトリートメントに向いています。

  5. ローズヒップ油

    乾燥肌、老化肌、アレルギー肌に。

    肌にハリと潤いを与えて、シワの予防、シミや老化肌の改善、美白効果など、アンチエイジングの美容オイルとして人気があります。

ページの先頭へ