サンフラワーオイルの効能

サンフラワーオイルの写真 おススメの肌タイプ
乾燥肌、脂性肌、敏感肌に
おススメの利用方法
皮膚を柔らかくして潤いを与える効果があり、マッサージに利用されています。

スポンサードリンク

アロマテラピーのオイルマッサージに。

南アフリカが原産で、太陽の象徴として崇拝されていたヒマワリ。

昔から、アメリカの原住民はリウマチの治療薬として利用し、また、ロシアでは花と葉を気管支炎や咳など、呼吸器系のトラブルの治療薬として用いてきました。

そんな医療目的で利用されてきたサンフラワーオイルですが、アロマテラピーでは、皮膚を柔らかくし、潤いを与える効果があるとして、マッサージに利用されています。

また、皮膚のトラブルや打撲にも有効とされており、効果が期待できます。

粘性が低く、軽くしっとりしており、肌に浸透しやすいオイルです。

注意事項

  • 特に無し。

データ

学名 Helianthus annuus
科名 キク科
和名 ヒマワリ(向日葵)
抽出部位 種子
抽出方法 低温圧搾法
主な産地 ロシア、インド、アルゼンチン、アメリカ、南フランスetc...
香り ほぼ無臭
浸透力 浸透しやすい。
感触 粘性は低い。軽くしっとり。
使用方法 単独で使用可能

スポンサードリンク

人気ランキング

  1. ホホバ油

    ホホバオイルの写真

    すべての肌質に

    スキンケア、ヘアケアに。日焼けやニキビなどの炎症した肌に。乾燥肌、老化肌に。

  2. スイートアーモンド油

    スイートアーモンドオイルの写真

    すべての肌質に

    敏感肌の方や赤ちゃんへの肌の保湿に。手作り化粧品の材料に。

  3. アプリコットカーネル油

    アプリコットカーネルオイル(杏仁油)の写真

    すべての肌質に

    肌を軟化し、しなやかさやハリを保ち、荒れた肌を再生する働きをもち、フェイシャルトリートメントやフェイシャルマッサージに最適

  4. グレープシード油

    敏感肌、乾燥肌、脂性肌に。

    特に、体の広範囲のトリートメントに向いています。

  5. ローズヒップ油

    乾燥肌、老化肌、アレルギー肌に。

    肌にハリと潤いを与えて、シワの予防、シミや老化肌の改善、美白効果など、アンチエイジングの美容オイルとして人気があります。

ページの先頭へ