アルガンオイルの効能

アルガンオイルの写真 おススメの肌タイプ
すべての肌質に。
おススメの利用方法
スキンケア、マッサージに。

スポンサードリンク

ビタミンEがオリーブオイルの2~3倍!アンチエイッジングに。

原産地がモロッコのアルガンオイル。

モロッコにしか生息しない樹木「アルガン」の種子(仁)から採れる植物油で、栄養素が高い為か、ヤギが木登りをしてまで、葉や実を食べているのだとか。

モロッコでは古くから、傷や炎症などの治療、スキンケアに使用してきた歴史があります。

特徴としては、オリーブオイルの約2~3倍のビタミンEが含まれているところです。ビタミンEには抗酸化作用があるため、肌の老化を防止する「アンチエイジング効果」が期待できます。

そのほか、髪や肌に必要な脂肪酸である「オレイン酸」や「リノール酸」も含まれており、くすみの改善、シミやそばかすの予防、髪のパサつきを抑える働きもあります。

すべての肌質に利用できるオイルですが、保湿力が高いため、特に乾燥肌の方にオススメです。

注意事項

  • 念のため、敏感肌の方は、パッチテストを行いましょう。

データ

学名 Argania Spinosa
科名 アカテツ科
和名 アルガン
抽出部位
抽出方法 低温圧搾法
主な産地 モロッコ、etc...
香り 香りはほとんどない。
浸透力 浸透しやすい。
感触 サラッとしていて、べたつかない。
使用方法 単独で使用可能

スポンサードリンク

人気ランキング

  1. ホホバ油

    ホホバオイルの写真

    すべての肌質に

    スキンケア、ヘアケアに。日焼けやニキビなどの炎症した肌に。乾燥肌、老化肌に。

  2. スイートアーモンド油

    スイートアーモンドオイルの写真

    すべての肌質に

    敏感肌の方や赤ちゃんへの肌の保湿に。手作り化粧品の材料に。

  3. アプリコットカーネル油

    アプリコットカーネルオイル(杏仁油)の写真

    すべての肌質に

    肌を軟化し、しなやかさやハリを保ち、荒れた肌を再生する働きをもち、フェイシャルトリートメントやフェイシャルマッサージに最適

  4. グレープシード油

    敏感肌、乾燥肌、脂性肌に。

    特に、体の広範囲のトリートメントに向いています。

  5. ローズヒップ油

    乾燥肌、老化肌、アレルギー肌に。

    肌にハリと潤いを与えて、シワの予防、シミや老化肌の改善、美白効果など、アンチエイジングの美容オイルとして人気があります。

ページの先頭へ