ココナッツオイル(椰子油)の効能

ココナッツオイル(椰子油)の写真 おススメの肌タイプ
脂性肌
おススメの利用方法
サンオイルに。手作り石けんの材料に。白髪や抜け毛の予防に。

スポンサードリンク

手作り石けんの材料として人気♪

古くから紫外線対策を目的にサンオイルとして使用されてきたココナッツオイル。
紫外線を通さずに日焼けを促進させる働きがあります。

皮膚刺激が多少あり、乾燥気味になることがあるので、スキンケアよりもヘアケアや手作り石けんの材料として利用されています。

潤滑性、凝固作用などから、クリーミーな泡立ちの手作り石けんが作れます。

天然のものは融点が25℃と非常に高く、常温では白い固形ですが、体温で簡単に溶けてサッパリとした感触になります。分留のオイルは液状であり、キャリアオイルの中で比較的軽いオイルです。

空気に触れても酸化しにくいので、他のキャリアオイルとブレンドした際に、他のキャリアオイルの酸化防止剤としての役割を果たします。

注意事項

  • 皮膚への刺激がやや強く、発疹を起こすことがるため、使用量に注意が必要です。敏感肌の方は、事前にパッチテストを行いましょう。

データ

学名 Cocos nucifera
科名 ヤシ科
和名 ココヤシ
抽出部位 果肉
抽出方法 低温圧搾法
主な産地 タヒチ、インドネシア、フィリピン、マレーシア、アメリカ、アフリカ、etc...
香り ややココナッツの甘い香り
浸透力 普通
感触 水のように、さらさらと軽い感触
使用方法 単独で使用可能

スポンサードリンク

人気ランキング

  1. ホホバ油

    ホホバオイルの写真

    すべての肌質に

    スキンケア、ヘアケアに。日焼けやニキビなどの炎症した肌に。乾燥肌、老化肌に。

  2. スイートアーモンド油

    スイートアーモンドオイルの写真

    すべての肌質に

    敏感肌の方や赤ちゃんへの肌の保湿に。手作り化粧品の材料に。

  3. アプリコットカーネル油

    アプリコットカーネルオイル(杏仁油)の写真

    すべての肌質に

    肌を軟化し、しなやかさやハリを保ち、荒れた肌を再生する働きをもち、フェイシャルトリートメントやフェイシャルマッサージに最適

  4. グレープシード油

    敏感肌、乾燥肌、脂性肌に。

    特に、体の広範囲のトリートメントに向いています。

  5. ローズヒップ油

    乾燥肌、老化肌、アレルギー肌に。

    肌にハリと潤いを与えて、シワの予防、シミや老化肌の改善、美白効果など、アンチエイジングの美容オイルとして人気があります。

ページの先頭へ