グレープシードオイルの効能

グレープシードオイルの写真 おススメの肌タイプ
敏感肌、乾燥肌、脂性肌
おススメの利用方法
特に、体の広範囲のトリートメントに向いています。

スポンサードリンク

マッサージやトリートメントに適しているサッパリとしたオイル♪

グレープシードオイルは、ワイン製造後に残るブドウの種が原料となるため、キャリアオイルの中では比較的安価です。

そして、さっぱりとした質感で、油っぽい感触はまったくなく、香りにも癖が無い、とても使いやすいオイルです。

肌に潤いを与えて柔らかくするエモリエント効果があり、引き締め効果も期待できます。

トリートメントの際には、手の動きが軽く感じられ伸ばしやすいので、おなかや背中など広範囲のトリートメントに向いています。クリームや乳液、クレンジングオイルの材料にもおススメです。

刺激性も粘性も低く、保湿効果が高いため、敏感肌や乾燥肌、脂性肌にも適しています。

注意事項

  • まれに肌質に合わない場合があるので、特に敏感肌、もしくは肌荒れの経験がある方は事前にパッチテストを行いましょう。

データ

学名 Vitis vinifera
科名 ブドウ科
和名 ブドウ
抽出部位 種子
抽出方法 低温圧搾法
主な産地 スペイン、イタリア、フランス、etc...
香り ほぼ無臭
浸透力 普通
感触 さらっとしていて肌なじみがよく軽い
使用方法 単独で使用可能

スポンサードリンク

人気ランキング

  1. ホホバ油

    ホホバオイルの写真

    すべての肌質に

    スキンケア、ヘアケアに。日焼けやニキビなどの炎症した肌に。乾燥肌、老化肌に。

  2. スイートアーモンド油

    スイートアーモンドオイルの写真

    すべての肌質に

    敏感肌の方や赤ちゃんへの肌の保湿に。手作り化粧品の材料に。

  3. アプリコットカーネル油

    アプリコットカーネルオイル(杏仁油)の写真

    すべての肌質に

    肌を軟化し、しなやかさやハリを保ち、荒れた肌を再生する働きをもち、フェイシャルトリートメントやフェイシャルマッサージに最適

  4. グレープシード油

    敏感肌、乾燥肌、脂性肌に。

    特に、体の広範囲のトリートメントに向いています。

  5. ローズヒップ油

    乾燥肌、老化肌、アレルギー肌に。

    肌にハリと潤いを与えて、シワの予防、シミや老化肌の改善、美白効果など、アンチエイジングの美容オイルとして人気があります。

ページの先頭へ