ローズヒップオイルの効能

ローズヒップオイルの写真 おススメの肌タイプ
乾燥肌、老化肌、アレルギー肌
おススメの利用方法
肌のアンチエイジングに。ニキビや傷のケアに。

スポンサードリンク

美白効果もあり、肌のアンチエイジングに最適♪

必須脂肪酸であるリノール酸やα-リノレン酸を豊富に含み、肌にハリと潤いを与えて、シワの予防、シミや老化肌の改善、美白効果など、アンチエイジングの美容オイルとして人気があります。

また、癒傷作用、抗炎症作用があるため、ニキビや傷ついた肌の改善などにも有効です。

やや粘度が高く、肌触りもドロッとしており、独特の香りがあるオイルです。それらが気になる場合は、他のキャリアオイルとブレンドして使いましょう。

酸化しにくいホホバオイルなどをブレンドすると、長く使えるようになります。

注意事項

  • 非常に酸化しやすいため、開封後は冷蔵庫で保存し、1ヶ月を目安に使い切りましょう。

データ

学名 Rosa rubiginosa / Rosa canina / Rosa moschata
科名 バラ科
和名 -
抽出部位 種子
抽出方法 低温圧搾法
主な産地 チリ、ペルー、アメリカ、etc...
香り やや独特の香りがある
浸透力 普通
感触 粘性が高く、重い。どろっとしている。
使用方法 他のキャリアオイルにブレンドして使用

スポンサードリンク

人気ランキング

  1. ホホバ油

    ホホバオイルの写真

    すべての肌質に

    スキンケア、ヘアケアに。日焼けやニキビなどの炎症した肌に。乾燥肌、老化肌に。

  2. スイートアーモンド油

    スイートアーモンドオイルの写真

    すべての肌質に

    敏感肌の方や赤ちゃんへの肌の保湿に。手作り化粧品の材料に。

  3. アプリコットカーネル油

    アプリコットカーネルオイル(杏仁油)の写真

    すべての肌質に

    肌を軟化し、しなやかさやハリを保ち、荒れた肌を再生する働きをもち、フェイシャルトリートメントやフェイシャルマッサージに最適

  4. グレープシード油

    敏感肌、乾燥肌、脂性肌に。

    特に、体の広範囲のトリートメントに向いています。

  5. ローズヒップ油

    乾燥肌、老化肌、アレルギー肌に。

    肌にハリと潤いを与えて、シワの予防、シミや老化肌の改善、美白効果など、アンチエイジングの美容オイルとして人気があります。

ページの先頭へ